落ち着くところはやはりレトロ調

私はもともとウッド調やベージュ・モスグリーンなどの落ち着いた色合いが好きで、家のインテリアもそれはそれは渋い雰囲気でした。
最近ではもう少し家の中を明るくしたいと思い、食器をすべて白い陶磁器に買い替えたり、収納小物も白系で統一を目指しています。
でも、ベースになる家具が所詮ダークウッドなので、全体的にはやっぱり落ち着いたレトロ調のままです。
根本的に渋いのが好みなんでしょうね。
インテリアに白を入れることで、家の中のどんよりとした空気が少し晴れてすがすがしさを感じるようにもなってきました。
カーテンを白にしたので、すごく明るくなった気がします。
家電もできるだけ白いものを選んでいます。
パソコンやミシン、アイロン、空気清浄器……今年は電気蚊取り器も白いものに買い替えました。
テレビも来年には買い替える予定なので、白い枠のものを選びたいですね。
ダークウッドの家具に白いインテリアというのも意外と相性がいいんです。
暗い色合いの中に白がはえて綺麗に見えるんですよね。
全体が白すぎるとまぶしすぎるので、この色の組み合わせは程よい色彩で落ち着くのかなあと思います。
レトロな雰囲気なので、好きなアンティークやビンテージの小物を置いても違和感ないです。
少しずつ自分好みのインテリア目指してまだまだ改装中です。